設備リスト

ホーム > 設備リスト > 利用可能研究設備詳細

利用可能研究設備詳細

設備名 (遺伝子)島津/KRATOS 飛行時間型質量分析装置 AXIMA-QIT
設備コード S-CG-HSU-AA-GSD-006
カテゴリ 質量分析装置(MS)
仕様 PMF(Peptide Mass Fingerprinting)によるタンパク質の同定やMS/MS分析を行っていただけます。
【MS分析】
・分析質量範囲:50~12000Da
・質量分解能:6000以上
・質量精度:±20ppm以内
【MS/MS分析】
・分析質量範囲:50~6000Da
・質量分解能:6000以上
・質量精度:±20ppm以内
※ゲル内消化サービスも依頼できます。 
設備の所属 広島大学  自然科学研究支援開発センター  遺伝子実験部門 
設備管理者
山口 信雄
利用受付 相互利用  依頼測定 
備考 この機器は広島大学(東広島キャンパス)
自然科学研究支援開発センター遺伝子実験部門にあります。 
公開範囲
国立大学法人・大学共同利用機関法人  
その他研究・教育機関  
公企業・私企業  
予算措置
設備ニュース 2018年3月15日
 <年度初めの休業期間のお知らせ>

2018年4月1日(日)から5日(木)までは施設の休業期間になります。
質量分析装置 AXIMA-QIT の相互利用サービスを休業いたします。
(遺伝子実験施設利用規則より)

2018年1月17日
 <質量分析装置試料作製のための「タンパク質酵素消化サービス」拡充のお知らせ>

本装置をはじめとした各種質量分析装置でタンパク質を解析するために有用なゲル内消化サービス
に溶液内消化と難溶性タンパク質消化を追加しました。
さらにお得な解析セットおよび追加料金を設定し、より安くご利用いただけるようにいたしました。

提供開始:平成30年1月9日(火)より
詳しくは http://www.hiroshima-u.org/0930ms.htm をご覧ください。

2017年12月4日
 <相互利用の年末年始休業のお知らせ>

2015年12月26日(火)〜2016年1月8日(月)は、
質量分析装置 AXIMA-QIT の相互利用サービスを休業いたします。
(遺伝子実験施設利用規則より)

相互利用について

設備管理者の予約承認 学外利用者は必要、学内利用者は必要ない
利用可能曜日 月火水木金土
上記の曜日であっても祝祭日の場合は使えません。  
利用可能時間帯 09 時から  17時まで 
予約可能期間 31日後まで 
予約制限 しない(予約可能期間内に同一アカウントでいくつ予約を入れても良い)  
利用資格 利用資格が必要です。 
マシンタイム 時間指定  30分    
キャンセル料設定 なし(キャンセル料は取りません) 

利用料金

相互利用料金
相互利用
統一料金 500円 /30分 
消耗品
統一料金 100円 実費分 
 
依頼測定料金
MS依頼測定
統一料金 4400円 1サンプル 
MS/MS依頼測定
統一料金 4800円 1サンプル 
Mascot検索
統一料金 400円 1回 
立ち会い測定
統一料金 400円 1回 
講習
統一料金 0円 回 
消耗品
統一料金 100円 実費分 
ゲル内消化
統一料金 4200円 1回(1本分) 
ゲル内消化解析セット(サンプル追加)
統一料金 3000円 1サンプル 
溶液内消化
統一料金 2500円 サンプル 
難溶消化
統一料金 3100円 サンプル 
ゲル内消化解析セット
統一料金 8600円 サンプル 
ゲル内消化(サンプル追加)
統一料金 900円 1サンプル 
 
↑

お問合せ先
自然科学研究機構分子科学研究所

〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38番地
大学連携研究設備ネットワーク事務局
電話番号:0564-55-7490
Email:

個人情報保護方針サイトポリシーサイトマップ