設備リスト

ホーム > 設備リスト > 利用可能研究設備詳細

利用可能研究設備詳細

設備名 電子スピン共鳴装置 (日本電子(株)製・JES-FA200)
設備コード S-WK-YNU-IAC-3
カテゴリ 電子スピン共鳴装置(ESR)
仕様 【周波数範囲】8.8~9.6 GHz
【最大磁場】1.3 T
【温度範囲】-170~200℃および77 K
【時間分解電子スピン共鳴】
 光源部:Nd-YAGレーザー(波長:266 nm, 355 nm, 532 nm, 1064 nm,繰返し:10 Hz)
 信号処理部:広帯域プリアンプ(10 MHz),デジタルオッシロスコープ,ボックスカー積分器
 
設備の所属 横浜国立大学  機器分析評価センター   
設備管理者
菊地 あづさ
利用受付 相互利用  依頼測定 
備考  
公開範囲
国立大学法人・大学共同利用機関法人
その他研究・教育機関
公企業・私企業

公開していない利用者区分に該当する場合は、本学の分析依頼事業で対応していることがありますので、機器分析評価センター(http://www.iac.ynu.ac.jp/)へ直接お問合せください。

予算措置 H20復活再生

従来の装置の時間分解能はミリ秒であったが,ナノ秒パルスレーザーを光源に用いることにより,化学反応中間体等の短寿命化学種がサブマイクロ秒の時間分解能で測定可能となった。

設備ニュース 2013年9月25日
 利用時間変更のお知らせ
2013年10月1日より電子スピン共鳴装置の利用時間を機器分析評価センター利用細則に準拠して下記のように変更いたします。
月曜日~金曜日 9:00~16:30

2013年9月2日
 土曜日は2013年9月28日のみ利用できます。

2012年12月5日
 12月13日(木)9:00~12月17日(月)11:30の期間は時間分解ESR測定用にプリアンプを広帯域に差替えるため,機器の種々の設定が変更されています。すべてが初期設定に戻される17日11:30までは通常測定はできませんのでご了承願います。

相互利用について

設備管理者の予約承認 学外利用者は必要、学内利用者は必要ない
利用可能曜日 月火水木金
上記の曜日であっても祝祭日の場合は使えません。  
利用可能時間帯 09 時から  17時まで 
予約可能期間 翌月末 
予約制限 しない(予約可能期間内に同一アカウントでいくつ予約を入れても良い)  
利用資格 利用資格は必要ありません。 
マシンタイム 時間指定  30分    
キャンセル料設定 なし(キャンセル料は取りません) 

利用料金

相互利用料金
区分料金
学外 2500円 /30分 
学内 0円 /30分 
 
依頼測定料金
依頼測定料金
統一料金 50000円 /1日 
 
↑

お問合せ先
自然科学研究機構分子科学研究所

〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38番地
大学連携研究設備ネットワーク事務局
電話番号:0564-55-7490
Email:

個人情報保護方針サイトポリシーサイトマップ