設備リスト

ホーム > 設備リスト > 利用可能研究設備詳細

利用可能研究設備詳細

設備名 HPLC-CHIP/QTOF 質量分析装置 (アジレントテクノロジー社・ G6520型+G4240型)
設備コード S-CG-OYU-ASRC-IA-02
カテゴリ 質量分析装置(MS)
仕様 蛋白質,ペプチド,メタボライトの解析などが可能な高い分析性能を持ったQ-TOFシステムと,微小サンプルの高分離,高感度分析が可能なチップ方式のナノHPLCシステム(HPLC-Chipキューブ)を組み合わせたLC-MS/MSシステム.
ポンプ: (ナノ)0.1-1μL/min,(キャピラリ)1-20μL/min
オートサンプラー:注入量0.01-40μL、
イオン化部: HPLC-Chip(C18) 直行型ESI
QTOF部: 測定質量範囲 m/z25-m/Z 3200, 
     精確さ:  <2ppm(m/z 609.2807,100pg使用時) 
設備の所属 岡山大学  自然生命科学研究支援センター  分析計測分野 
設備管理者
多田宏子
利用受付 相互利用  依頼測定 
備考 ・学内相互利用は、資格承認を受けた後、このシステムで予約してご利用下さい。
・学内依頼分析は、このシステムで予約して下さい。

・学外の方は、依頼分析のみ 受付けています。

 下記のダウンロード用URLより、「HPLC-Chip/QTOF 質量分析 申込用紙(学外者用)」をダウンロードし、他大学の方は2枚目、企業等の方は1枚目 の 申込用紙 にご記入の上、ファイルを利用申込時に添付して下さい。
 また、申込用紙 を印刷押印して、試料に同封してに送付して下さいますようお願いいたします。
 初回依頼時は,依頼内容をあらかじめご連絡下さい。

・本ネットワークの参画大学以外の方は、初回利用時に「共同利用機器利用者登録(様式2)」の提出も、併せてお願いいたします。

・ダウンロード用URL
(各種機器の申請書や申込書ダウンロードページ)
http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/measure/howtouse#documents 
公開範囲
国立大学法人・大学共同利用機関法人
その他研究・教育機関
公企業・私企業
予算措置 H21最先端
設備ニュース 2017年10月6日
 2017年10月12,13日はイオン源の付け替えは行いません。(LC-MSでの稼動となります)
よろしくお願い致します。

2017年3月16日
 2017年3月23,24日はイオン源の付け替えは行いません。(LC-MSでの稼動となります)
よろしくお願い致します。

2017年2月24日
 2017年3月1,2,3日はイオン源の付け替えは行いません。(LC-MSでの稼動となります)
よろしくお願い致します。

相互利用について

設備管理者の予約承認 全員必要
利用可能曜日 月火水木金
上記の曜日であっても祝祭日の場合は使えません。  
利用可能時間帯 00 時から  24時まで 
予約可能期間 31日後まで 
予約制限 しない(予約可能期間内に同一アカウントでいくつ予約を入れても良い)  
利用資格 利用資格が必要です。 
マシンタイム 時間指定  30分    
キャンセル料設定 予約している利用開始日時の3時間前から利用予定額の30 %のキャンセル料金が発生します。 

利用料金

相互利用料金
学内共同利用 
統一料金 1000円 /15分 
学内共同利用(連続測定時,4時間超料金)
統一料金 650円 15分 
消耗品
統一料金 100円 vial 
解析PC追加利用
統一料金 100円 30分 
 
依頼測定料金
依頼測定(プロテオーム解析検体)
学外 20000円 1検体あたり 
学内 14000円 1検体あたり 
依頼測定(特殊測定・条件検討測定)
学外 2100円 /15分 
学内 1750円 /15分 
依頼測定(特殊測定・条件検討測定)(連続測定時,5時間超)
学外 1750円 15分 
学内 1400円 15分 
消耗品
統一料金 100円 vial 
依頼測定(特殊測定・条件検討測定)(連続測定時, 10時間超)
学外 1750円 15分 
学内 1000円 15分 
依頼測定(特殊測定・条件検討測定) 学外一般
学外 4000円 /15分 
 
↑

お問合せ先
自然科学研究機構分子科学研究所

〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38番地
大学連携研究設備ネットワーク事務局
電話番号:0564-55-7490
Email:

個人情報保護方針サイトポリシーサイトマップ