設備リスト

ホーム > 設備リスト > 利用可能研究設備詳細

利用可能研究設備詳細

設備名 顕微ラマンマイクロスコープシステム(inVia Reflex)
設備コード S-HD-HU-CRIS-24
カテゴリ ラマン分光装置(Raman)
仕様 ラマン分光測定は、前処理なしで非接触・非破壊にて、分子構造解析、結晶構造解析、物質の化学組成の同定などの分析にとても有効です。StreamLine 高速ラマンイメージングにより、4000スペクトルを1分程度で測定することが可能

SPECIFICATIONS

Detector:CCD detector (~ 1850 cm-1).
Objective mirror:5X,20X,40X or 60X
Sample stage movement: X-axis:70, Y-axis:50, Z-axis:20 mm.
Minimum sampling area:1 um2 (60X ).
Measurement range:3500-100cm-1. 
設備の所属 北海道大学  創成科学研究機構   
利用受付  
備考 http://openfacility.cris.hokudai.ac.jp/apparatus_list 
公開範囲
国立大学法人・大学共同利用機関法人
その他研究・教育機関
公企業・私企業
予算措置
設備ニュース 現在ニュースの登録はありません。

利用料金

利用料金は登録されていません。

↑

お問合せ先
自然科学研究機構分子科学研究所

〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38番地
大学連携研究設備ネットワーク事務局
電話番号:0564-55-7490
Email:

個人情報保護方針サイトポリシーサイトマップ