設備リスト

ホーム > 設備リスト > 利用可能研究設備詳細

利用可能研究設備詳細

設備名 ゼータ電位 粒度分布測定装置(Delsa Nano HC)
設備コード S-HD-HU-CRIS-21
カテゴリ 光散乱光度計(ポリマー分子量・ゼータ電位・粒子径)(MALS他)
仕様 液中にブラウン運動で拡散している粒子の直径分布を光子相関法(PCS)に基づいて測定し、またゼータ電位をレーザドップラー検出式電気泳動法(ELS)に基づいて測定できる分析装置です。タンパク質、金属ナノ粒子といった粒子径の小さなサンプル、また低濃度のサンプルも、高い精度で粒子径分布とゼータ電位を測定することができます。
1. 広い測定範囲(0.6nm?7μm)で、サブミクロンのみならずサブナノメータにも対応
2. サンプル濃度範囲 : 0.001?40%(粒子径による)
3. 業界初 : 独自光学系を用いた電気泳動法により、高濃度試料のゼータ電位を測定
4. 業界初 : 固体(板状)およびフィルム表面のゼータ電位を電気泳動法により測定
5. 全自動pHタイトレーションシステムで、粒子径とゼータ電位の両方を測定
6. 簡単に利用できる標準操作方法を搭載(SOM : standard operation methods)
7. 多目的な標準操作手順を搭載(SOP : standard operation procedures)

原理 動的光散乱法・光子相関法(粒度分布測定)および
レーザードップラー多点検出方式電気泳動法(ゼータ電位測定)
測定範囲 粒子径:0.6nm?7μm
ゼータ電位範囲:±200mV(ゼータ電位測定時の粒子径範囲:0.6nm?30μm)
光源 半導体レーザ×2本 658nm,30mW
検出器 高感度PMT(粒度分布、ゼータ電位)
温度制御 ペルチェ方式(10?90℃)
散乱角度 15,30,160度
サンプルセル 粒子径測定:0.9mL;フローセル0.7mL;濃厚系セル:1mL 
設備の所属 北海道大学  創成科学研究機構   
利用受付  
備考 http://openfacility.cris.hokudai.ac.jp/apparatus_list 
公開範囲
国立大学法人・大学共同利用機関法人
その他研究・教育機関
公企業・私企業
予算措置
設備ニュース 現在ニュースの登録はありません。

利用料金

利用料金は登録されていません。

↑

お問合せ先
自然科学研究機構分子科学研究所

〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38番地
大学連携研究設備ネットワーク事務局
電話番号:0564-55-7490
Email:

個人情報保護方針サイトポリシーサイトマップ