設備リスト

ホーム > 設備リスト > 利用可能研究設備詳細

利用可能研究設備詳細

設備名 コールドスプレーイオン化飛行時間型質量分析計 (CSI-TOFMass)(JMS-T100CS)
設備コード S-HD-HU-CRIS-15
カテゴリ 質量分析装置(MS)
仕様 コールドスプレーイオン源を搭載したTOFMSシステムです。コールドスプレーイオン源は非共有結合性金属錯体等の熱不安定化合物のイオン化に最適のイオン源であり、かつDNAを始めとする生体化合物の構造解析にも威力を発揮します。ESI(エレクトロスプレーイオン化法)への分析もワンタッチにて切り替えられます。多価イオンを生成し、ペプチド、タンパク質など測定マスレンジを超える高分子量化合物に対応しています。
またデータ収集システムとして連続アベレージャを搭載していますので、従来のTDCに比べはるかに広い信号のダイナミックレンジが得られます。TOFMSと連続アベレージャの特長を生かした精度の高い精密質量測定により、試料の元素組成を容易に求めることができます。
1) 分析計:リフレクトロン (実効飛行距離:約2.0 m)
2) 検出器:40 mmφ 2段MCP
3) コールドスプレー温度:?50℃?室温
4) 分解能:6,000 (FWHM)ESIモード時
5) 質量精度:5 ppm(PEGのナトリウム付加イオン m/z 437 ? 789の計9ピークを3回繰り返し測定して得られる計27個の質量測定値の相対誤差、RMS、内部標準物質レセルピン) 
設備の所属 北海道大学  創成科学研究機構   
利用受付  
備考 http://openfacility.cris.hokudai.ac.jp/apparatus_list 
公開範囲
国立大学法人・大学共同利用機関法人
その他研究・教育機関
公企業・私企業
予算措置
設備ニュース 現在ニュースの登録はありません。

利用料金

利用料金は登録されていません。

↑

お問合せ先
自然科学研究機構分子科学研究所

〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38番地
大学連携研究設備ネットワーク事務局
電話番号:0564-55-7490
Email:

個人情報保護方針サイトポリシーサイトマップ